2007年01月13日

『風と共に去りぬ』…500円で人生をエンジョイできる映画

時代は19世紀。
ジョージア州タラの大地主ジェラルド・オハラの長女スカーレット(演じるはヴィヴィアン・リー!!)の波乱と勇気の恋愛映画。

この『風と共に去りぬ』は、どんな日であっても、毎日、世界中のどこかで必ず上映されている、とまで言われている名作中の名作。
アカデミー賞も十部門独占。


なにが、そんなにも世界中の人々の心をつかむのだろうか?

そもそも、原作者マーガレット・ミッチェルの分厚い小説を映画化したものだが、小説を映画化にしたときの見本とも言える作品だ。(ちなみに、マーガレット・ミッチェルは、「風と共に去りぬ」のラストシーンを最初に書いたらしい。)
だから、この映画の魅力はもちろん、そのストーリーと人物像にある。

気位がムチャクチャ高いスカーレット。
気品にあふれる紳士風でありながら影を背負い、スカーレットに翻弄されるレッド・バトラー(演じるはクラーク・ゲーブル)。
抗いながらも、時代に揺れる人たち。
そんな人物たちがイキイキと描かれている。

しかしながら、ストーリー展開を支える映像もこれまた豪華で美しい。(あの、それでなくても細いスカーレットがコルセットを思いっきり絞って着る場面が面白い。)

結局、この『風と共に去りぬ』には単純にスカーレットの恋物語だと割り切れぬものがある。
人生はどんなひとにとっても波乱万丈であり、何があって明日への希望を失わずに生きていくのさ、という一本の柱が僕をこの映画に挽き付けるのだ。


いいのかな……こんな映画がたった500円で観られるなんて。。。。


風と共に去りぬ




風と共に去りぬ






ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)サイト版

ホーライ映画DVDショップ

(楽天)
500円で観る名作映画DVD(楽天市場)

(アマゾン)
500円で観る名作映画DVD


posted by ホーライ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

『ライフ・イズ・ビューティフル』に胸が詰まる

1939年イタリア、トスカーナ地方。
主人公のユダヤ系イタリア人グイドは、いつも陽気で人々を楽しませる達人。
グイドと「お姫様」のドーラは恋に落ち、息子ジョズエをもうける。

しかし、間もなくナチスの強制収容所へ…。

そこでもグイドは幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら笑顔で陽気に振舞い、嘘をつき続ける。
この父親の子どもに対する愛情は映画史上一番ではないだろうか。


『ライフ・イズ・ビューティフル』はユーモアと悲哀が混ざり合い、人生のすばらしさを謳いあげた作品。
イタリアの名優ロベルト・ベニーニ演じるグイドの、体を張った豊穣な愛が美しい。

ラストは胸が詰まる。

ベニーニは、監督・脚本・主演という三役を見事にこなし、アカデミー主演男優賞、外国語映画賞、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。
また、音楽を担当した作曲家ニコラ・ピオバーニが、本作でアカデミー音楽賞に輝いた。

親子の愛を通して戦争の悲惨さを訴えた優秀作品だ。


ライフ・イズ・ビューティフル




ライフ・イズ・ビューティフル






ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)サイト版

ホーライ映画DVDショップ


posted by ホーライ at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

『巴里の屋根の下』…500円の名作映画DVD

ルネ・クレール監督は、サイレント時代に8本の長・短編映画を作っているが、トーキー時代の幕開けとともに満を持して発表したのが『巴里の屋根の下』だ。

パリ生まれのクレール監督は、愛着を持ってパリを、パリジャンを描いている。
物語は、よくある下町の人情話だが、本作にはクレール監督のパリへの熱きメッセージがこめられている。


パリの大道歌手アルベエルは歌を歌って歌譜を売るのが商売、親友のルイは露店商人である。
二人はいつも連立っているので美しいルーマニア娘のポーラに逢った時も一緒だった。
そこで彼等は彼女に挨拶をする者をサイコロで決める。

しかしその間に界隈の不良の親分フレッドが彼女をカフェに誘い入れてしまう。
翌日アルベエルは歌を売っていて聴衆の中にポーラを見つけて親しくなる。
フレッドはポーラを口説きにかかると、彼女はフレッドの荒っぽさに心を惹かれ、晩にはダンスへ行くことを承諾する。


本当にクレール監督はパリが、パリジャンが好きなんだね。
その監督の熱き想いが、ひしひしと伝わってくる、それが『巴里の屋根の下』だ。

ただ、ただ、純粋にラブストーリーの映画を楽しんでください。(要は、これがエンターテイメントなのだ。)


巴里の屋根の下




巴里の屋根の下





ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)サイト版

ホーライ映画DVDショップ

(楽天)
500円で観る名作映画DVD(楽天市場)

(アマゾン)
500円で観る名作映画DVD

posted by ホーライ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

『自転車泥棒』…500円の名作映画DVD

敗戦後、人々が貧窮していたローマで、自転車を盗まれた父子の悲哀。
デ・シーカ監督の感動作だ。
デ・シーカ監督は撮影の全てに実景を用い、狭い室内にカメラを持ち込んで、貧しい人々の生活をリアルに活写した。


アントニオは長い失業のすえ、ようやく映画のポスター貼りの仕事を得た。
仕事に必要な自転車を質屋から請け出すために彼はシーツを質に入れる。

六歳の息子ブルーノを自転車に乗せ、彼はポスターを貼ってまわるようになる。
ところがちょっとしたすきに自転車が盗まれてしまう。
自転車がなければまた失業だ。

アントニオは無駄とはわかっていても警察に行く。
毎日何千台も盗まれている時だ、警察は相手にしてくれない。
こうしてアントニオ親子の自転車探しがはじまった……。


どんなに貧しくても、ひとの心と気高い精神まで貧しくさせるとは限らない。
そして、生きること、生活し続けること自体の悲しさは時代を超えて、いつも一緒だ。今の日本においてもね。

『自転車泥棒』は、観終わると、心に何か、漠としたひっかかりを残し、それが(多分)生き続ける限り、その人の人生に微妙に影響する。そんな映画だ。



自転車泥棒




自転車泥棒






(楽天)
500円で観る名作映画DVD(楽天市場)

(アマゾン)
500円で観る名作映画DVD


posted by ホーライ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

『チャプリンの黄金狂時代』…500円の名作映画DVD

チャップリン映画、サイレント時代の最高傑作。
“サイレント”なので、当然、言葉による笑いではなく、ドタバタの映像で笑わせてくれる。

アラスカの金鉱が発見され、人々が競って金探しに夢中になっていた頃の話し・・・
金脈を探し雪山を歩いていたチャーリーが、吹雪に遭遇し駆け込んだ山小屋に指名手配中の凶悪犯が・・・

人々の欲望を独特の手法で笑いと共に描くチャップリン演出の妙が際だつ傑作だ。
この『チャプリンの黄金狂時代』での最大の見せ場は、山小屋に閉じ込められ飢えに苦しむ男たちの極限描写。
例えば有名なシーンとしてチャップリンが自らの靴を食べてしまうところがある。(鬼気迫るものを感じる。)


『チャプリンの黄金狂時代』にはチャップリンの喜劇の全センスが盛り込まれている。
チャップリンを初めて観るひとには、『チャプリンの黄金狂時代』を入門映画としてお勧めできる。


チャプリンの黄金狂時代




チャップリンの黄金狂時代







ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)サイト版

ホーライ映画DVDショップ
posted by ホーライ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ローマの休日』…500円で人生をエンジョイできる映画

もう今さら、説明は不要だろう。
ローマを舞台に某小国の王女と新聞記者とのロマンチックで切ない恋の夢物語。

誰もが『ローマの休日』を観ながら、頭の片隅で分かっているはずなんだ。
これは出来すぎのおとぎ話なんだ、と。
それでも、どんどん、そのおとぎ話に中に引き込まれていくのはどうしてだろう?

それは「夢」があるからだ。
こんなことあるわけない、と思っても、0.001%でも絶対に無いとは言い切れないものがあると、ひとはそれにほのかな希望を繋げる。

そして、そんなおとぎ話に切なさを感じて、あざやかなラストシーンへと最後まで夢の中をさまよう。

『ローマの休日』は何度観ても飽きない、映画の楽しさを僕に教えてくれた作品のひとつだ。


あんな出会いと別れが僕やあなたにあっても(形はかなり違うだろうが)いいよね。


ローマの休日




ローマの休日






ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)サイト版
posted by ホーライ at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『望郷』…500円で人生を考えることができる映画

巨匠ジュリアン・デュヴィヴィエ全盛期の最高傑作!
魔術的ともいえる見事なロケーション撮影のなかで郷愁を秘めた犯罪者の孤独と哀愁を香り高く表現がほとばしり出ている作品。

ジャン・ギャバンは全盛時のすご味をと愛嬌を兼ね備えた男くさい魅力にあふれ、対するミレーユ・バランは妖艶なパリの女を華麗に演じている。


フランスの植民地アルジェリアの首都アルジェのカスバでの話。
カスバというのは回教徒が集まっている一割の区域を指す。
アルジェのカスバはアルジェの市街から独立した丘陵の上に位置し、家々は丘陵の斜面に重なる様に並ぶ。
石畳の坂道は曲がりくねって外来者には、まるで迷路の如く怪奇と秘密の世界だ。

この暗黒街に王者の様に尊敬され、友達の様に親愛されている男がいる。
ペペ・ル・モコと呼ばれるフランス人。

強盗三十件、銀行襲撃二件とパリ警視庁の犯罪録に載っているお尋ね者である。
ぺぺが弟の様に愛しているピエロ、強欲大力のカルロス、盗んだ宝石を一手で捌く「爺つあん」、その他ジミイやマックス等が、常に影の如くぺぺに附添っていた。

しかし、ぺぺは本国からこのカスバに逃れて既に二年、狭いこの地がまるで牢獄の様に思われ望郷の念に駆られていたのだった…。


『望郷』は映画の教科書に出てきそうなほど、正統派路線、まっしぐら!な映画だ。
名場面が多いこの映画の中でもラストは特に映画史上にも残る名場面。
映画の楽しさを心ゆくまで堪能できる。


あなたも『望郷』の念にかられたことがありませんか?


望郷




望郷







(楽天)
500円で観る名作映画DVD(楽天市場)

(アマゾン)
500円で観る名作映画DVD


posted by ホーライ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。