2007年04月29日

★ティファニーで朝食を

オードリー・ヘプバーンの映画では「ローマの休日」に好きな映画。
オードリーがコールガールになっている、という意外性がまず面白い。

「シックな感じがするほどスリムだが、健康的なムードとソープとレモンの清潔さを持つ」と表現されたヒロインだ。

オードリーが映画の中でギターを弾きながら歌う「ムーン・リバー」もいいのだ!



ティファニーで朝食を




ティファニーで朝食を







ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)



全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ
posted by ホーライ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

「ディア・ハンター」

ヴェトナム戦争のさなか、ペンシルバニア州のロシア系アメリカ人のマイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スティーヴン(ジョン・サベージ)の3人が徴兵され、戦場で地獄の体験をする。
やがて帰還したマイケルは、行方不明となったニックを探しに、再びヴェトナムへ赴く…。


ヴェトナム戦争がアメリカ人に狂気をもたらし、青春や友情、そして愛までも変えていくさまをリアルに描いたマイケル・チミノ監督の問題作。
ロシアン・ルーレットを用いた残酷シーンで、ヴェトナム側を非人間的に描いているとの反発の声もあったが、あくまでもそれはアメリカ人から見た悪夢の描写ととるべきだろう。
戦場へ赴くまで、およそ1時間の青春群像描写が秀逸。

ラストで皆が歌う「GOD BLESS AMERICA」の空しさも、深い余韻を残す(涙無しには聴けない)。
ギターの伴奏もこの映画には欠かせない。

アカデミー賞では作品、監督、助演男優(クリストファー・ウォーケン)、音響、編集の5部門を受賞。


ディア・ハンター(DVD) ◆20%OFF!




ディア・ハンター







ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)



全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ




心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

音楽が無ければ始まらない

ホーライ・ブックセンター

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」
posted by ホーライ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

「カッコーの巣の上で」

刑務所の強制労働から逃れるために精神疾患を装って精神病院に入所させられた男の巻き起こす騒動と悲劇を描いた、ケン・キージーのベストセラーを映画化した作品。
ジャック・ニコルソンの怪演がひかる!(と言っても、ジャック・ニコルソンはいつも怪演なのだが。)

人生は本当に一筋縄ではいかないよね。優しく、残酷で、リリカルでヘビーだ。
映画って「エンターテイメントの王様」と言われるけれど「哲学の王様」と言ってもいいだろう。
そう思わせてくれるのが、この映画の凄さです。



カッコーの巣の上で / ジャック・ニコルソン




カッコーの巣の上で







●医薬品ができるまで
http://iyakuhin.web.fc2.com/index.html

●ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/

●僕の治験活性化計画 by ホーライ
http://chikengcp.269g.net/

●ホーライ製薬附属 治験推進センター
http://chikencenter.web.fc2.com/index.html

●治験、臨床試験の情報サイト
http://www.edita.jp/chiken/

●モニターとCRCのためのGCPメルマガバックナンバー
http://horai-gcp.seesaa.net/
posted by ホーライ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

さっきまで笑っていた人が、隣で弾に当たって死んでしまう。

さっきまで笑っていた人が、隣で弾に当たって死んでしまう。

自分たちに逃げろといった人が、説得中に弾に当たって死んでしまう。

出陣すれば、自分も絶対に死ぬ。

そんな残酷な戦場の中で、平山幸一(明石家さんま)が守りたかったものは?

これも真実の人間の一面。さとうきび畑の唄。



森山良子の名曲「さとうきび畑」をモチーフに、戦渦に巻き込まれながらも希望を捨てずに明るく生きていこうとした家族と沖縄戦の悲劇を描いた戦争ドラマ。

大阪出身の平山幸一(明石家さんま)は良家の子女・美知子(黒木瞳)と駆け落ちして、那覇で小さな写真館を営んでいた。

長男の勇(坂口憲二)は学校の先生をしている紀子(仲間由紀恵)と結婚、さらには美知子が幸一にとっての6人目の子どもを身ごもったことがわかる。


そんな中、アメリカとの戦争が勃発。

幸せそのものだった平山家に暗雲が立ち込めてくる。


主演の明石家さんまは出演依頼の前日にカラオケで「さとうきび畑」を歌っていて、運命的なものを感じてこの役柄を引き受けたらしい。

なるほど主人公には、明石家さんまのキャラクターが色濃く投影されているように思われる。

沖縄戦そのものを描いた作品というよりも、明るいアプローチから戦争によって悲惨な運命をたどる家族を描くことに焦点が当てられているドラマだ。

再三登場するさとうきび畑が壮観。

このさとうきび畑と悪魔が宿ることもある人間の真実の対比が、沖縄の太陽の下で暴かれる。


廃盤にならないうちに観ておくといい。(「ライフ・イズ・ビューティフル」を彷彿させる名作ドラマだ。)




さとうきび畑の唄#完全版





ライフ・イズ・ビューティフル





さとうきび畑の唄 完全版




ライフ・イズ・ビューティフル







ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!





posted by ホーライ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ロッキー

僕が過去、どんな映画よりも数多く観た映画。

18歳の高校生だった僕は完全にロッキーの虜になり、あのジョギングパンツとトレーナーを買い込んで、上京した。(僕も若かったのさ。)

1976年度アカデミー賞主要3部門受賞(作品賞/監督賞/編集賞)




ロッキー





ロッキー






★お勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)
  ↓
http://movie.geocities.jp/horai_movie/



posted by ホーライ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。