2007年07月29日

僕たちの役割を問う『ボウリング・フォー・コロンバイン』

1999年4月20日。アメリカ・コロラド州の田舎町リトルトンで前代未聞の大惨事が起こった。

2人の少年が、自らの通うコロンバイン高校の敷地内で銃を乱射し、生徒12人と教師1人を射殺。

彼らはそのまま自殺し、動機や真相は闇へ。


マイケル・ムーアが、『ロジャー&ミー』や『ザ・ビッグ・ワン』でやったように、アポなし突撃取材で挑んだ優れたドキュメンタリー映画。

今回のターゲットは「銃規制」。


この主題をとりまくあらゆる論争を巧みに展開、それらの論争を打ち負かしていくが、「他の民主主義国家に比べて、どうしてアメリカ人は互いを殺しあうのか?」という問題の答えはなかなか見つからない。

コロンバイン高校銃乱射事件や、ムーアの地元ミシガン州フリントで起きた6歳児の発砲事件にフォーカスを当て、探求は進む。

コロンバイン高校銃乱射事件を引き起こした生徒が銃を購入した大手ディスカウントストアのKマート本社に乗り込んだり、全米ライフル協会(NRA)会長、チャールトン・へストンの自宅を訪問、アメリカ国内での銃規制に反対する人々や組織に説明責任を求める。



ムーアの切り口には、ユーモアと感情があり、ただの熱血漢で終わっていない。

ムーアは、犯罪のはびこる世の中において、真に良識のある発言者なのだろうか?


この映画の「核」の解釈は、観客に任されている。

ドキュメンタリー映画の使命とは?

そして、観客の役割とは?


ボウリング・フォー・コロンバイン




ボウリング・フォー・コロンバイン




ボウリング・フォー・コロンバイン(DMMなら480円でレンタルできる)






【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)


【音楽】

誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門
posted by ホーライ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会派映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

巻き込まれたくなかったら、北北西に進路を取れ!

アルフレッド・ヒッチコックの集大成とも言える名作映画。


広告代理店経営者ロジャー・ソーンヒルは、ある日ニューヨークのホテルから二人の男に連れ出され、とある山荘へ連れ去られる。

そこで、彼は『誰かと勘違いされ』仕事の協力を強いられるが、それを断った途端殺されそうになり逃げ出した。

しかし、行く先々で新たな事件に巻き込まれていく。

果たして事件の真相とは・・・・・・。



この『北北西に進路を取れ』では、「4人の大統領の顔が刻まれたラシュモア山でのクライマックスシーン」が有名ですが、ここに思わぬ笑いの種を発見したときには嬉しかったですね。

ヒッチコック映画と言えば、必ず彼自身が映画に登場するシーンがある。

さて、この映画ではどこに出てくるか。

それもまた、お楽しみに。(と言うほど、長くは映っていないのですが。)


ちなみに、この映画はヒッチコック監督が得意とする「巻き込まれ型サスペンス」と言われている。

主人公が事件に巻き込まれている様を観客は「ハラハラ・ドキドキ」し、あるいは「笑いをこらえながら」観ているのだが、まぁ、観ている僕も『誰かと勘違いされ』(あるいは勘違いされずに)何かに『巻き込まれている』人生を送っているのかもしれないな・・・・・・。

しかも僕の場合は観客すらいない。


北北西に進路を取れ 特別版




北北西に進路を取れ 特別版




北北西に進路を取れ 特別版(DMMなら480円でレンタルできる)




【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)


posted by ホーライ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

天才の名をほしいままにしたスタンリー・キューブリック監督のホラー作品ですから。「シャイニング」

スティーブン・キング原作のホラー小説を、鬼才キューブリック監督が映画化した作品。


コロラド山中のホテルの冬季管理人を引き受けた作家のジャック(ジャック・ニコルソン)。

雪に閉ざされ尋ねる者もない冬のホテルは執筆活動に最適だと彼は考えたのだ。

さっそく妻と息子を連れてホテルにやってきたジャック。


・・・・・・・と、これ以上書くと映画がつまならなくなるので、書きません。

この映画で特筆すべきは、その「効果音」だろう(映像は言うまでもない)。

ホラー映画やミステリー映画にはもちろん効果音は必需品だが、この映画の中のさりげない効果音は、ずば抜けて怖い。


それにしても、やっぱり雪に閉ざされた大きなホテルに家族3人だけ、という設定は、それだけでも怖いと思うな。


シャイニング





シャイニング




シャイニング(DMMなら480円でレンタルできる)





【音楽】

誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない


【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)



posted by ホーライ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ホラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ルーディー ジュリアーニNY市長9月11日

9.11 瓦礫の街からニューヨークを救った男、ルーディー・ジュリアーニー

2001年9月11日。

世界を恐怖のどん底に陥れた同時多発テロを乗り越え、その類い希な統率力でニューヨーク再生を指揮したジュリアーニ元ニューヨーク市長の半生を描いた真実の物語『ルーディー』。

ツインタワー崩壊時の貴重な実写を多分に盛り込んだ映像は、全米430万人の目を釘付けにし、世界50カ国以上での放映と同時に話題をさらった。

煙塵を上げて崩れ去るツインタワー。

決死の作業で人々を救い出す消防士達。

世界の人々に恐怖の記憶を残した2001年9月11日。


その悲劇の現場に自らも身を置き、打ちひしがれた人々に未来へ踏み出す勇気を与え、世界経済と文化の中心都市の再生に全力を尽くす男の姿。

その男は極限の状況で何を考え、どう行動したか?


2001年9月10日の夜、ガンで上院議員選挙出馬を取りやめたジュリアーニの弱音から物語りは始まる・・・・・・。


ルーディー ジュリアーニNY市長9月11日真実の物語




ルーディー ジュリアーニNY市長9月11日




ルーディー ジュリアーニNY市長9月11日(DMMなら480円でレンタルできる)




【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)




【音楽】

誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない

posted by ホーライ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンタッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

名作映画:めぐり逢えたら

ベタなラブ・ストーリーにいちいち解説をつけるたりケチをつけるのも無粋ですので、何も考えずにご覧ください。
・・・・・・では、あまりにも手がかりが無いので、ストーリーの概説を。

トム・ハンクスとメグ・ライアン、そしてノーラ・エフロン監督の黄金トレンディ・トリオによるハート・ウォーミングなラブ・ストーリー。
妻を亡くしたショックからいまだ立ち直れないシアトルの建築家サム。
そんな父のことを8才の息子がクリスマス・イヴのラジオ人生相談番組で電話で話し、それを聞いていたボルティモアの記者アニーは、婚約者がいるにもかかわらず、サムに興味を抱き始める…。

です。あとは映画を観て、お楽しみください。

ラストシーンのエンパイアステイトビルの最上階にも是非一度行ってみたくなる・・・そんな映画です。
僕は、自分が殺伐とした気持ちになった時に観ています。


「めぐり逢えたら」




「めぐり逢えたら」





ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!




posted by ホーライ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。