2011年03月06日

観ずに死ねるか!おすすめ映画のランキング第3位★『2001年宇宙の旅』

SF映画の原点。

この映画『2001年宇宙の旅』が無かったら「スターウォーズ」も「スタートレック」も誕生していなかっただろう。

「荒唐無稽の子ども向け専門ファンタジー」だったSF映画を芸術的にも文学的にも形而上学的にもひとつのゴールに送り届けた天才「スタンリー キューブリック監督」恐るべし。



『2001年宇宙の旅』は、明日へのカウント・ダウン、人類の運命の地図、無限への旅…。

アカデミー賞を獲得した、目も眩むばかりの映像の到達点ともいえる作品。


人間対コンピュータの戦い、想像を絶するほどの映像と音楽の融合が素晴らしい。

この作品はスタンリー・キューブリック監督(アーサー・C・クラークと一緒に脚本も手掛けた)のマスターピースと言えるだろう。


そしてエキサイティングで衝撃的なこの作品は、いつの時代も新鮮さを失わず、すべての世代を虜にする。


未来への旅の前に、キューブリックは人類創世記から(思いがけない見事なワン・ショットと共に)、数千年後の人類に開拓された宇宙へ飛んだ。

そしてついには宇宙飛行士ボーマン(キア・デュリア)を、未知の宇宙へ連れ去る。

さらにそれは永遠の世界であろうか…。


「進入口を開けろ!」さぁ、恐れに満ちた未知への旅を始めよう。


全体の7割以上が台詞の無いシーンで構成されており、ゆったりとした時の流れを感じさせる映画である。

映像と音楽の見事な融合!


冒頭の強烈な印象で始まる『ツァラトゥストラかく語りき』。

宇宙ステーションが漆黒の宇宙を流れる場面ではワルツ『美しく青きドナウ』が流れる。

SFとクラシック音楽の奇跡的で幸福な結婚に成功している。


まるで自分自身が宇宙空間を漂っているような気分になり、“神秘”と“無限”を体感できる。

 
難解な結末については、原作・ハヤカワ文庫版にある「訳者あとがき」の伊藤典夫氏のことばが大いに参考になるだろう。

「ただ、宇宙船ディスカバリー号が、映像では人間の精子に似た形をとっていること、冒頭で流れる音楽が、リヒャルト・シュトラウス作曲の『ツァラトゥストラかく語りき』であることなどから、哲学者ニーチェのいう超人思想――猿から人へ、人から超人への進化の思想――が底にあることは考えられる。」
 

地球上の細かいことは忘れて宇宙の果てまでお楽しみください。


2001年宇宙の旅 [DVD]




【送料無料】2001年宇宙の旅

【送料無料】2001年宇宙の旅

【送料無料】2001年宇宙の旅
価格:1,350円(税込、送料別)




■■■ 観ずに死ねるか!おすすめ映画、おすすめ名作映画(DVD)、おすすめ映画ランキング、お勧め映画のサイト ■■■
       ↓
「おすすめ映画、おすすめ名作映画(DVD)、おすすめ映画ランキング、お勧め映画のサイト」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。
posted by ホーライ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 名作映画のランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。