2013年12月11日

何度でも勧めたい映画★ショーシャンクの空に

何度でも勧めたい映画★ショーシャンクの空に

スティーブン・キング原作、名匠フランク・ダラボンの劇場監督デビュー作にして、多くの人々の「マイ・ベスト・ムービー」のひとつに加えられた、新世代の傑作。

とある刑務所の受刑者が勝ち取り、分け与えた解放と救い―。

誰の心にも静かに、爽やかな感動が訪れる…。


ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。

最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係 ”のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。

そんなアンディが入所した2年後のある時、アンディは監視役のハドレー刑務主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。

この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく…。


つらくなったとき、何度この映画に助けられたか分かりません。

「必死に生きるべきか必死に死ぬか」

もちろん僕も必死に生きようと思いました。

音楽も最高です。サントラも買いました。

絶対観て損はない映画です。



冤罪の恐ろしさ、終身刑が精神に及ぼす影響、刑務所生活の残酷さ等のテーマは重いが、その中でどんな状況でも自暴自棄にならず絶望しないこと、希望を捨てないことの大切さが心を打つ。

刑務所を舞台にした作品として、語り口は異なるものの、「ミッドナイト・エクスプレス」と双璧をなす名作だ。

そして、忘れられない名場面の数々。

終盤30分ほどの畳み掛ける展開はもちろん、過酷な刑務所生活の中で仲間達がビールを飲む場面、そしてモーツァルトのフィガロの結婚のアリアが刑務所中に響き渡る場面。

特に後者はモーツァルトの音楽の偉大さを雄弁に物語っていてとても忘れることができない。

作品の展開の鍵を握る主人公の監獄の部屋のポスターがリタ・ヘイワース、マリリン・モンロー、ラクウェル・ウェルチに変り、使われる音楽もノスタルジックなジャズ、カントリー、ロックンロールに変わって行く等、塀の中の物語でありながら、アメリカ社会・文化の変化もしっかり織り込む演出の細かさにも唸らされる。

文句なしの星5個の名作。


生きていくうえでの勇気がもらえる傑作なのだ。

とにかく、観てみよう!


『ショーシャンクの空に』
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003EVW5FU/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


posted by ホーライ at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382398837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。