2007年10月07日

秋におすすめの名作映画★大統領の陰謀

アメリカの大統領ほど、映画や小説の題材になる職業は無いだろう。
今年も「大統領暗殺」という映画が話題になっている。

ここで紹介するのは2回目になるが、『大統領の陰謀』は自分を叱咤激励する時に見る映画だ。
(何も、そこまでして何のために叱咤激励しないといけないのか、は別として。)

現実にあったニクソン大統領(当時)の「ウォーターゲート事件」を題材にした映画だ。

主人公はこの事件をスクープし、ニクソン大統領を失脚させたワシントンポストの二人の記者。

二人の記者はロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが扮している。(これがまた、絶妙な配役なのだ!)






この映画で、なんで「叱咤激励」かと言うと、こんなシーンがあるのだ。

二人の記者は事件を追いながら新聞社の内に外に激しく、ときに静かに取材し考える。

新聞社のフロアーでは多くの同僚が働いている。

電話がなり、走り回り、タイプを打ち、みな忙しそうに働いている。

そんな風景の前面にダスティン・ホフマンが机に向かって何かを書いている。

そして、時間が過ぎ、同僚たちは三々五々帰宅する。

徐々に仕事場の照明も消され、最後にはダスティン・ホフマンと、その向こうにいるロバート・レッドフォードの二人のところだけに照明が残っている。

その二人だけが働いている。

この場面の構成がまた、いい!

ダスティン・ホフマンはこちらを向いており、その3mほど後ろで、ロバート・レッドフォードは右を向いて(こちらに横顔を見せて)いる。


二人以外の誰もいなくなったフロアーで、二人は黙々と自分の信念に従って、仕事を続けている(静かにね)。


この場面を見るたびに(僕が院生だった頃から)、あ〜ぁ、仕事って、こうだよな、と思うのだ。

自分が信念を持って仕事をしている時って、他のものが目に入ってこない。

誰に言われるまでもなく、自分のために仕事をしている。そうでなくっちゃね、と思う。

そして、俺も、こうならなくっちゃね、と、そんな「青いこと」を思うのだ。


そんな気持ちにさせてくれる、稀有なサスペンス映画です。


大統領の陰謀(期間限定)(DVD) ◆20%OFF!




大統領の陰謀





★⇒転職情報から趣味のサイトまで。ネット上のおすすめサイト、ショッピング、サービス、生活情報
posted by ホーライ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

巻き込まれたくなかったら、北北西に進路を取れ!

アルフレッド・ヒッチコックの集大成とも言える名作映画。


広告代理店経営者ロジャー・ソーンヒルは、ある日ニューヨークのホテルから二人の男に連れ出され、とある山荘へ連れ去られる。

そこで、彼は『誰かと勘違いされ』仕事の協力を強いられるが、それを断った途端殺されそうになり逃げ出した。

しかし、行く先々で新たな事件に巻き込まれていく。

果たして事件の真相とは・・・・・・。



この『北北西に進路を取れ』では、「4人の大統領の顔が刻まれたラシュモア山でのクライマックスシーン」が有名ですが、ここに思わぬ笑いの種を発見したときには嬉しかったですね。

ヒッチコック映画と言えば、必ず彼自身が映画に登場するシーンがある。

さて、この映画ではどこに出てくるか。

それもまた、お楽しみに。(と言うほど、長くは映っていないのですが。)


ちなみに、この映画はヒッチコック監督が得意とする「巻き込まれ型サスペンス」と言われている。

主人公が事件に巻き込まれている様を観客は「ハラハラ・ドキドキ」し、あるいは「笑いをこらえながら」観ているのだが、まぁ、観ている僕も『誰かと勘違いされ』(あるいは勘違いされずに)何かに『巻き込まれている』人生を送っているのかもしれないな・・・・・・。

しかも僕の場合は観客すらいない。


北北西に進路を取れ 特別版




北北西に進路を取れ 特別版




北北西に進路を取れ 特別版(DMMなら480円でレンタルできる)




【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)


posted by ホーライ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(1) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

僕の★激突!

僕はこの映画を高校時代にスティーブン・スピルバーグの作品とは知らずに観た。
あとになって、そのことを知り、スティーブン・スピルバーグの偉大さを改めて感じた。
この映画は日常を徐々に徐々に非日常とも言えるし、いやいや、これだって日常さ、という世界に運んでくれる恐怖映画だ。

マイカーがトラックに嫌がらせされるというありふれた事件を、スピルバーグは巧妙な組み立てで一級のサスペンスに仕上げている。

この映画を観ると、しばらくは高速道路でもトラックを追い越せなくなること間違いない。

地味だが映画の楽しさの「ある一面」を思う存分味わえる20世紀の名作映画だ。


激突! スペシャル・エディション / 洋画




激突! スペシャル・エディション






【総合情報、ショッピング】

きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  

【仕事のノウハウ】

仕事の達人になる方法

仕事のコツ(上級編)

3秒で分かるビジネススキル


【本・ブック】

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

科学入門図書

治験関係者に役立つ本


【音楽】

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

今週のお勧め音楽ブログ


【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)


【有名人・無名人語録】

1日1言、今週の2言



posted by ホーライ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

怖くて、綺麗な『シャレード』

フランスの冬の観光地。

レジーナ(オードリー・ヘップバーン)はフランスの友達とスキーを楽しんでいた。

彼女は夫との離婚を決意していた。

そんな折、彼女はそのスキー場で偶然ピーターと知り合い、強く心をひかれた。



パリのアパートに帰った彼女は夫の殺害を知らされ唖然とした。

夫の葬儀のとき、会葬者の中に見知らぬ3人の男がいた。

大使館で彼女は情報部長に、夫は戦時中、会葬に来た男たちと共謀して25万ドルを隠匿、戦後山分けをすることになっていたが、夫はそれを裏切り金を持って逃げるところを殺された、政府のお尋ね者だったと聞かされた。



・・・・・・映画には数々のミステリーが作品になったが、これはその中でも5本の指に入る映画だろう。

次々に起こる殺人事件をめぐって、謎のゲームが展開される。


この映画では名作ミステリーを綺麗に、あくまでも綺麗に、怖く、怖く描いている。

もちろん、ヘンリー・マンシーニの音楽も綺麗。


アメリカ映画ファンには、いつまでたっても失いたくない宝物の映画だろう。



『シャレード』




『シャレード』









全国最大級の医療ニュースメルマガ(無料)

ホーライ製薬附属 治験推進センター(治験活性化センター)

治験、臨床試験の情報サイト

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

僕の治験活性化計画 by ホーライ


posted by ホーライ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

『市民ケーン』・・・500円で人生をエンジョイできる映画

ラジオドラマ「火星人襲来」で全アメリカ市民の度肝を抜いた天才、オーソン・ウィルズの処女長編監督作品にして主演作。
ちなみに、このラジオドラマ「火星人襲来」は“本物”の火星人が襲来したと思って非難する市民がでるなど、一部でパニックを起こしてしまうほどだったと伝説になっている。

実在の人物をモデルとした映画『市民ケーン』もまた、別の意味で全米を揺るがせる作品となった。


荒廃した壮大な邸宅の内で、片手に雪景色の一軒家のあるガラス玉を握り"バラのつぼみという最後の言葉を残し新聞王ケーンは死んだ。
死後のケーンに与えられた賛否の声は数多かったが、ニュース記者トムスンは"バラのつぼみの中にケーンの真の人間性を解く鍵があると信じ彼の生涯に関係のある人々に会うことになった。

ケーンが幼少の頃、宿泊代のかたにとった金鉱の権利書から母親が思わぬ金持ちになった。
そのために彼は財産の管理と教育のため、片田舎の両親の愛の中から無理矢理にニューヨークに押し出された。

やがて青年になったケーンはかねてから興味を持っていた新聞経営にのりだした。
先ず破産寸前のインクワイアラー紙を買いとり友人の劇評家リーランドとバーンステインの協力を得て完全に立ち直らせた。
さらに斬新で強引な経営方針と暴露と煽動の編集方針で遂にニューヨーク一の新聞に育てあげた。
しかし、絶大な権力を手にするのとは裏腹にケーンは孤独な人生を歩みはじめるのだった。


まるで探偵映画のような手法を取っているが、それでいて、きっちりと人間の持つ欲望や情熱のむなしさという主題をきっちりと描いているところが、天才オーソン・ウェルズだ。
映画撮影、編集のテクニックでもエポックメーキング的な様々な手法を駆使している。

『市民ケーン』はいろんな意味で映画界を三歩前進させた作品だ。


市民ケーン




市民ケーン







ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)

posted by ホーライ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

『第三の男』・・・500円で人生をエンジョイできる映画

映画史上に不動の地位を築いたオーソン・ウェルズの最高傑作だ。

親友の事故死に疑惑を持った作家が真相を調査していくうちに、事故現場にいた「第三の男」の存在を知る。
さらに調査を進める中、親友の恋人だった女性を愛し始めた作家の前にその男が姿を現す・・・。

なんともミステリアスでリリカルな映画をよくぞ、作ってくれたもんだ。

常に「影」だけで第三の男を表現する演出方法に、素敵な(お馴染みの)チターの音楽。

『第三の男』は世界を白黒でもこんなに表現できるんだということも示してくれる。(まぁ、当時は白黒しかなかったのだからしょうがないが)

そして、ラストシーンは女性(凛としたアリダ・ヴァリの美しさ!)の強さをなんとも静かに主張している(「風と共に去りぬ」とは対照的だ)。

このラストシーンのために『第三の男』はある。


 第三の男 [CLASSIC MOVIES COLLECTION] / 洋画




第三の男







ホーライのお勧め映画(500円で人生をエンジョイしよう!)
posted by ホーライ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

時計じかけのオレンジ

キューブリック作品で最もカルトな人気を誇る、ウルトラバイオレンスSF作品だ。

麻薬、暴力、盗み、暴行など、悪の限りを尽くす近未来の不良グループ。
リーダー格のアレックスは、ある盗みの最中に仲間の裏切りで捕まった。
その服役中に、悪人を善人に変える奇妙な洗脳実験を受け、暴力を嫌悪する無抵抗な人間となって娑婆に戻される。
しかし、そんな彼を待っていたのは、かつて自分が暴力の対象にしていた者たちからのすさまじい報復だった。

アナーキーな若者の過剰なまでの暴力嗜好を、芸術的かつポップなセンスで大胆に映像化した。
一度観たらとりつかれるほどの妖しい魔力に満ちた、永遠のバイブル作品だ。


時計じかけのオレンジ

時計じかけのオレンジ


時計じかけのオレンジ




posted by ホーライ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

アマデウス!

1825年、オーストリアのウィーンで、1人の老人が自殺を図った。
彼の名はアントニオ・サリエリ。
かつて宮廷にその名をはせた音楽家である。

そのサリエリが、天才モーツァルトとの出会いと、恐るべき陰謀を告白する。

「モーツァルトは殺されたのでは…」。

19世紀のヨーロッパに流れたこのミステリアスな噂をもとにしたピーター・シェーファーの戯曲を、完ぺきに映画化。第57回アカデミー作品賞ほか、全8部門を受賞した。


アマデウス

アマデウス(期間限定)




posted by ホーライ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

太陽がいっぱい

アラン・ドロンを一躍世界的なものとしたサスペンス・ドラマ。
名匠ルネ・クレマン監督が熟達した映像テクニックを思うさま見せてくれる。

太陽きらめく洋上での殺人という意外性。
華麗な完全テクニック。そしてラストのどんでん返し。

今、見ても面白くて唸ってしまう。



【ポイント2倍!】太陽がいっぱい
【ポイント2倍!】太陽がいっぱい





ネットでかりてポストでかえす「オンラインDVDレンタル」ぽすれん



posted by ホーライ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(1) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

アウトブレイク!!

動物検疫施設で働くジンボが倒れた。

風邪に似た症状から発疹、全身出血を起し、死亡した時には内臓がすべて溶解していた。
彼が密輸したオナガザルの受取人、恋人、診察した医師、その女友達、二人が行った映画館の観客…。
患者は次々に拡がり、街はパニックに陥った。

陸軍伝染病医学研究所のダニエルズ大佐は、音もなく忍び寄る致死率100%の恐怖のウィルスに、果敢に立ち向う。

……この本に書かれていることはSFだったが、今では、ありえない話ではない。
致死率も感染率も高い病気が発生する。
たとえ、それが自然のものだとしても、人間の手によるものだとしても。

その時、科学者は、政治家は、人間はどう考え、動くのか。。。

私たちがこの本から受ける印象は、もう現実のものだ。




原作アウトブレイク


アウトブレイク





アウトブレイク【DLT-13603】=>アウトブレイク
アウトブレイク【DLT-13603】=>アウトブレイク


関連本;アウトブレイク
posted by ホーライ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

「大統領の陰謀」

ニクソン大統領を失脚させるに至った「ウォーターゲート事件」の真相を暴いたふたりの新聞記者の行動を克明につづった社会派エンタテインメント映画の傑作。

ロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンという2大スターがこれを演じているが、互いのキャラクターの相違なども、それぞれの性格づけに巧みに応用されている。

また、本作でアカデミー賞助演男優賞受賞のジェイソン・ロバーツ(その他、脚色、美術監督、録音、音響賞を受賞)をはじめとする脇役の充実ぶりに、改めてアメリカ映画界俳優陣の層の深さを痛感。

またアラン・J・パクラ監督による、一見淡々としつつ確実に驚嘆する事実を積み重ねていく演出、ウィリアム・ゴールドマンの緻密な脚本、都会の闇を描くに秀でたゴードン・ウィリスの撮影など、スタッフの超一流の仕事の成果がここにある。


つい最近、この映画の中で「ディープスロート」と呼ばれていたキーパーソンの本人が名乗り出たことでも話題になったね。



大統領の陰謀





楽天はこちら

大統領の陰謀


posted by ホーライ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

それゆけ!科楽実験隊~ 実験セット

でんじろう先生のかがく ~それゆけ!科楽実験隊~ 実験セット



でんじろう先生のかがく ~それゆけ!科楽実験隊~ 実験セット



これであなたも科学の虜だね。


posted by ホーライ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。